2017年12月13日

You are here:  / 東北地区の音響関連研究室一覧 / 山形大学
大学院理工学研究科 近藤(和)研究室

山形大学
大学院理工学研究科 近藤(和)研究室

担当教員:教授 近藤和弘

 

【研究室の概要】

近藤研究室では,音声,音響およびマルチメディア・システムの研究に取り組んでいます。特に通信用途やコンシューマ・エレクトロニクスなどを志向した音声・音響・マルチメディア信号処理方式・システムやインタフェースの研究に取り組んでいます。

 

【研究室の具体的なテーマ】

音声品質の測定・推定方法

モバイル端末や無線ネットワークの普及により,今まで考えられなかった環境で音声通信が行われるようになっています。このため,様々な環境で行われる音声通信品質,特に「発話内容がどの程度正確に受聴されているか」を常時モニタリングすることが必須となっています。当研究室では効率のよい二者択一型の音声通信品質評価方法と,評価被験者を用いないで受聴した音声信号から計算機により通信品質を推定する方法について研究しています。

超指向性スピーカを使ったパーソナル音提示システムの開発(図参照)

超指向性のパラメトリック・スピーカや骨伝導イヤホンを応用した音再生システムを研究しています。このうち,図示したシステムは,Kinectセンサーを用いて人物頭部を検出し,その方向にルンバ型ロボットを操作して超指向性スピーカのビームを向けて,対象者のみに音を再生するシステムです。この他,骨伝導イヤホンを用いた「音の拡張現実システム」の検討も行っています。

音声・音響信号用電子透かし

音声や音響信号に知覚できないように著作権データなどの付加情報を埋め込む方法を研究しています。特に広報音声に対する文字アノテーションや外国語訳,音楽に対するアーティスト情報など,聞こえる音に付加価値を与える情報の埋め込みを目指しています。

 

【研究室のPR】

実時間で動くシステムの試作,実用的な方式の開発を目指して日々研究開発を進めています。また,なるべく学生が主体的に興味のある研究に取り組めるように心がけています。

 

【もっと知りたい人のために】

http://www.eie.yz.yamagata-u.ac.jp/~kkondo