2017年12月13日

You are here:  / 東北地区の音響関連研究室一覧 / 東北学院大学
工学部電子工学科超音波工学研究室

東北学院大学
工学部電子工学科超音波工学研究室

担当教員:教授 山田 顕

 

【研究室の概要】

超音波工学研究室では圧電振動子による近傍場超音波を用いた新しいセンサの研究や,超音波の送受信を行う圧電トランスデューサの高性能化を目指した研究を行っています。

 

【研究室の具体的なテーマ】

圧電厚み振動のエネルギー閉じ込め現象およびその近接センサへの応用

圧電板の厚み振動では特定の部分に振動のエネルギーが集中し,そこから距離とともに振動エネルギーが指数関数的に減少するエバネセント領域を持つエネルギー閉じ込め現象が起こります。本研究室では振動の種類や次数に応じたエネルギー閉じ込め手法の検討や,エバネセント領域に液体を浸漬した際に生ずる共振特性の変化を利用した微小液面レベルセンサに関する実験(下図参照)およびその理論的検討を行っています。

平行電界励振厚みすべり振動トランスデューサに関する研究

本研究では厚み分極された圧電基板の板面に平行に電界を加える平行電界励振厚みすべり振動(横波)トランスデューサについて,これまでほとんど着目されていない軸対称な偏波方向をもつ振動子の検討や微細なV溝の形成による広帯域化を試みています。

新しい近接センサや指向性に優れた超音波トランスデューサの研究

圧電振動子は超音波トランスデューサやセンサなど種々の分野で多数用いられ,その構造や動作原理もさまざまです。本研究では新しい構成に基づく近接センサの検討や,指向特性やサイドローブ特性に優れた空中用および水中用超音波トランスデューサの開発を行っています。